07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっかないお医者さん

2007.05.01 *Tue
なぁちゃんにうつされて、3月の末からひいていた風邪がいっこうに治らずにいた。
のどの痛みと微熱とだるさが、なかなか良くならなかった。
そのうち治るだろうと簡単に思っていたので、市販薬を飲んでいたんだけれど、むしろ悪化してしまって、仕方なくお医者さんに行くことにした。

いつもお世話になっている近くの診療所に行った。
診療所のお医者さんは、本当に優しいお医者さんで、さっと聴診器を当てて、そして問診をしただけで終わった。
薬を飲み始めた次の日には、体調も回復し、
「やっぱりいつものお医者さんに限る」と思っていた。
しかし、いろいろな不調が治った代わりに、かなりひどい咳が出始めた。そういう風邪らしくて、仕方ないなぁと思っていたのだけれど、薬を飲んでも効かず、寝ている間にひどい咳が出て、眠れない日々が続いた。でも、4月というこ忙しい時期なので、なかなかお医者さんに行く余裕がなくて、日中も、話をしながら咳が出始めると話にならないことがあったり、咳のし過ぎで吐きっぽくなることもしばしば・・・。(つわりかと思ったりなんかしてあり得ないけど・・・
とうとう、なぁちゃんのロタウィルスがうつってしまったのかなぁと心配になって、薬もなくなっていたので、再びお医者さんに行くことにした。いつもの診療所へ・・・。

ところが、いつもなら、看護婦さんなんているかいないかわからないくらいなのに、その日は私の名前が呼ばれた途端に、看護婦さんが「早く!急いで1番の診察室へ」と呼びに来た。
体温計をわきの下に入れながら診察室に入ると、もう1人看護婦さんがいた。そして、いつものやさしい先生じゃなくて、うちのお父さんみたいにおっかなくて頑固そうな顔をしたお医者さんがいた。
「どんな症状なの?」と聞かれ、頭がふらふらしてたのでちょっとしどろもどろだったけど、一生懸命答えていたら、「だから、今はどうなの?」と、ちょっと嫌そうに聞かれた。
「なんか、嫌だなぁ」と思いながら、問診を受け、聴診器を当てられたのだけれど、これまたいつもの先生とは全然違った。
いつものように、洋服の前側をほんの少しだけ上げていたら、そのおっかない先生に、ぐっと首の所まで服を上げられ、さらに、ブラジャーまで引っ張り上げられた。
あまりにもビックリして、「キャッ」と声を上げてしまいそうになった。(うぶな方なので・・・
その後も子供の頃に受けたような診察を受け、そして、たくさんの薬を出された。
ところがどっこい、薬を飲むとめちゃくちゃ眠くなるし、さらに全然咳も治らなくて、「あのやぶ医者め」と、毎日思っていた。
おっかないお医者さんのせいで、あいかわらず、夜中の咳がずっと続いていて、いつになったら治るのかわからないけれど、GWだし天気もいいし、そのうち治るだろうなぁ。
治らなかったら、またお医者さんに行こう優しいお医者さんでありますように
スポンサーサイト
| 日記 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

はな

Author:はな
好きなもの:手芸、写真、本、お花、映画、etc・・・。
ゆるゆるとブログを書いてます。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事+コメント



カテゴリー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



月別アーカイブ



Copyright © Ordinary Days All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。